2008年07月03日

サヴァン症候群

「あにンジャーがビデオに撮ってた奴で凄いのやってたんだ。」
と、今朝父さんに言われ

「ふーん、何?」

あにンジャーがよく見てる
イチ、ニ、サンの奴」


「イチ、ニ、サン???何じゃそれ?」

その間、父さんがその番組を探していた

「ロビンに見せたいと思って・・・
外国の人なんだけど障害を持ってる人が凄いんだよ。
あっ、これだ!!」


「あれ?これ・・・

ワン、トゥー、スリーの奴か・・・イチ、ニ、サンって・・・あせあせ(飛び散る汗)


その中でサヴァン症候群の人たちが出てたんですけど
私も知識としては知ってるわけです
「レインマンとか、サヴァン症候群だったんだよね。」
「そうそう、そのレインマンのモデルになった人が出てた」

サヴァン症候群(-しょうこうぐん、savant(仏語で「賢人」の意) syndrome)とは、
知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、
常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。
現在では脳の器質因にその原因を求める論が有力だが、
自閉性障害のある者が持つ特異な認知をその原因に求める説もまた有力である。
自閉性障害のある者の全てがこのような能力を持っているわけではない。
自閉症と同様、男女比は男性が女性の数倍である。
広義には、障害にもかかわらずある分野で他の分野より優れた
(健常者と比較して並外れているわけではない)能力を持つ人も含めることもある。
狭義のサヴァン症候群は極めて少なく全世界で数十名程度しかいないと思われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


茶リンジャーもカレンダーが大好きで
会った人にはたいてい誕生日を訊くんです

やはり生まれた年の曜日、今年の曜日、そして来年の曜日が分かる
生まれ年を西暦で言うと、大正、昭和、平成に直し
元号で言うと西暦でも言う。
ついでに干支も現在の年齢も言う。

やはり頭の中にカレンダーが入ってるんだろうなと思う
ハッピーマンデーになった時はしばらくカレンダーが狂ってましたが・・・。
すぐに修正し、うるう年もいつの間にか入っていました。


ちびショッカーは言葉は少ないし、数とか記号のこだわりは余り見られず
なのですが
植物や昆虫は凄く興味を持ってジーーーッと見てます
粘土やお絵かきですこしづつ出てきていますが
茶リンジャーの時ほど、こだわりが強いと感じることはないように思います

どっちにしても 障害があると、どうしても生きにくい

これから、茶リンジャーは就労に向けて実習やら
つい先日初参加の自立訓練やら、イロイロ用事が詰まってます。
卒業が目の前にちらついてきた、今年はいよいよ高等部3年生

さて、そんな茶リンジャーの実習、いよいよ来週です

はぁ〜ロビンもドキドキですよもうやだ〜(悲しい顔)

本人はいつでも「やる気マンマンぴかぴか(新しい)なんですけどね、ハハハあせあせ(飛び散る汗)





人気blogランキングへ
一日一ポチひらめきよろしくねかわいい
ランキングバナー
posted by ロビン at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。